サロン脇脱毛

【今や常識?】女の脇事情脱毛してる人ってどれくらいいるの?

ビューティーイメージ

薄着の季節になると気になるのが脇のムダ毛です。今では女性の半数以上がサロンやクリニックなどで脱毛をしていると言われていますが、実際のところどうでしょうか。今の時代、常識といわれるわきのムダ毛処理にフォーカスをして、女性のわきの事情に迫ってみます。女性同士でも公に話題にすることがないので、誰もが実は気になっているのです。

【男性も必見!】女の常識?脇脱毛!

今や女性の間で脇を脱毛することは常識となりつつあります。シェーバーを使って脇のムダ毛をカットしたり、ピンセットを使って毛を抜いたりしていたことは過去のこととなりつつあり、ムダ毛の自己処理は、むしろ肌に負担がかかる行為として敬遠されるようになりました。ピンセットを使ってムダ毛の自己処理をしてしまうと、埋没毛と呼ばれる皮膚の表皮に隠れて肌トラブルを起こしやすくなるため、女性誌などでもピンセットでムダ毛処理をすることは避けるようにとの情報が発信されるようになったのです。そこで、今女性の間で常識になりつつあるのが脱毛サロンやクリニックでの脇脱毛です。マシンが改良されて格段に効率が良くなり、その影響からサロンの予約が取りやすくなったのです。マシンの改良によって回転率が高くなったため、一人あたりの施術にかかる時間が大幅に短縮されたのです。このことはサロンだけでなく、利用者にとっても良い効果をもたらしました。通常、全身脱毛をした場合には1時間以上施術に時間を要していたものが、15分から30分で完了するようになったことで、サロンの利用への敷居が低くなったのです。長い時間を施術に掛かってしまうと、サロンへ足を運ぶことが億劫になってしまいますが、施術時間が短縮されたことでサロンに通いやすくなりました。

あなたは脇の脱毛、する派?しない派?

よりかかってポーズをとる女性
現状、女性の間では脇の脱毛をする派としない派に別れているのが現状です。する派に言わせれば、短時間できれいになることができ、煩わしいムダ毛処理から開放されることから、絶対に脇脱毛はおすすめだといいます。最近では、エステサロンでも高出力のマシンを使用することが出来るようになったため、施術時間が随分と短縮され、1回の施術にかかる時間が大幅に短くなったといいます。そのため、仕事帰りや学校帰りにサロンに立ち寄って施術を受けられるような手軽なサービスになったことで、利用者の急増につながっているのです。脱毛をしない派からすれば、やはりサロンに通うことが面倒だったり、自宅でのシェービングだけで十分と考える人も多いようです。サロンへ行くと他のサービスも押し売りされそうなので、どうしても敬遠してしまうという人もいます。また、女性の中には夏場に限定してムダ毛処理をするというズボラさんも少なくありません。冬場は長袖を着て厚着をしているため、わきが見えてしまうことは殆どないため、ムダ毛処理をせずにそのまま伸ばしたままという方もいるようです。薄着になる夏場だけ自宅のお風呂場でシェービングをすれば良いので、サロンに通ってお金をかけてまでムダ毛処理をしたいとは考えないという方も中には多いのです。

脇脱毛はキレイで楽チン!一回体験するともう自己処理に戻れないかも!

脱毛イメージ
サロンでの脇の脱毛の魅力はとにかく楽チンであること、そして手間を掛けることなくきれいになることにあります。マシンの性能もかなり良くなっているので、施術は短時間であっという間に施術を受けることができてしまうのです。サロンでの施術がとても手軽になったことで、実際に利用した人は二度と煩わしいムダ毛の自己処理に戻ることはできないといいます。ムダ毛の自己処理は手間と時間が掛かる反面、綺麗に処理することができません。また、シェーバーを使ってシェービングをしても、その日のうちに再びムダ毛が生えてきてしまうため、あまり意味をなさないのです。シェービングを繰り返すことで肌への負担がかかり、黒ずみの原因になってしまったり、肌トラブルの原因を引き起こす恐れがあります。そのため、ムダ毛の自己処理を繰り返すことは肌への負担がかかり、肌にも悪影響になってしまう恐れがあるのであまり好ましいことではないのです。美容電気脱毛であれば、一度施術をすればかなりの効果を得ることができます。サロンでの施術ははじめの頃は脇の毛が多いので1ヶ月に1度の施術が必要ですが、回数を重ねるごとに体毛が減少していき、最終的には半年に1度の施術でも十分な効果を得ることが出来るようになるのです。どちらが肌に優しいか明らかです。

まとめ

サロンでの脇の脱毛は今や女性の間で常識となりつつあります。施術に用いられるマシンも改良がかなされて痛みを感じにくく、それでいて短時間で施術をすることが出来るようになったので、施術にそれほど時間を掛ける必要がなくなり、女性の間でサロンを利用することに対する敷居が低くなったのです。一度利用したらその快適さにやみつきになる女性が続出しています。